スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君が産まれた日のこと(2) 
 
手術室に連れて行かれ、服を全部脱いで背中に麻酔をうちました。
麻酔が効いてきて、手術台に移動する時に足がもたつく。
寒くもないし緊張も別にしてなかったのに、震えが止まりませんでした。


お腹を開いている間も意識はあるので
先生と世間話をしながら手術が進みます。
痛くはないけど感覚はあるので、お腹で何かされてる感じがなんとも気持悪い。


先生に
「これは早めに帝王切開を決断して良かったな。」
と言われました。
私のお腹の中を見たときに先生はヒヤッとしたそうです。
(どういう状態だったのか、私に余裕が無くてきけませんでしたが・・・。)
内膜症の癒着はひどくて、筋腫もたくさんあったみたい・・・。
卵管も癒着してしまっていて、完全にピックアップ障害でした。
二人目もIVFじゃないと無理だとわかったので、またムダにAIHとかしなくて済むわ。



通常は取り出すのに5分くらいで済むそうなのですが
難しい手術でちょっと時間がかかったみたい。
君の産声が聞こえた時は、本当に安心しました。



手足をバタバタさせて泣いてる君を見たときは涙が溢れました。


不妊治療は辛かったし
重度妊娠悪阻で一ヶ月入院したのも辛かったし
後期にはお腹の張りが酷くて心配だったけど
そんなの全部ふっとぶくらい、君が可愛くて仕方ないです。



やっとスタート地点に立てたママは
これから一生懸命、君を育てるからね。




スポンサーサイト
君が産まれた日のこと(1) 
 
2月15日。
朝から雨が降っていました。


ダンナちゃんがいつもより早く出勤だったため
5時半に起きてお弁当と朝ごはんの準備をし、
6時すぎにダンナちゃんを送り出しました。


ここのところ眠りも浅く、ほとんど寝ていない状態が続いていたので
寝れるかわからないけど二度寝することにしてもう一度ベッドにもぐりこみました。


やっとウトウトし始めた頃
あきらかに尿漏れやオリモノとは違う感じで
バシャッ!と水のようなものが出ました。
時計を確認すると8時ちょっとすぎ。
急いで飛び起きてトイレに行くとパジャマまでビショビショになっていて
ショーツには少しだけ鮮血が付いていました。
破水だと確信し夜用のナプキンを急いでつけました。


急いでダンナちゃんに電話。
続いて病院へ電話。
母が出産に立ち会ってくれると言っていたので母にも連絡をしました。
ダンナからお義母さんに連絡をしてくれたらしく
義妹がタクシーでかけつけ病院まで付き添ってくれました。


9時に病院へ到着。
(タクシーの運ちゃんが道を間違えたりして手間取った・・・)
NST・羊水量・子宮口のチェックを。
子宮口は全く開く気配なし。
バルーンで広げるて様子を見ることに。
NSTの最中も内診の最中も羊水がドバドバとあふれ出て、超ビビル。
速攻パジャマに着替えるも、パジャマが即効ビショビショに・・・。


11時になっても陣痛の始まる気配なし。
子宮口も全く開かず。
急遽帝王切開をすることになりました。



続く・・・。
無痛分娩の説明を聞いてきた! 
 
今日は病院での母親学級で無痛分娩の説明を聞いてきました。

痛みを伴わない出産では母性が生まれない
という人がいるそうですが
(実際に私はそんなことを言っている人はみたことがないのですが・・・)
それはやっぱ違うよな~、って思いました。

出産中のお母さんの表情はとても優しいものだったし
産まれてきた赤ちゃんを抱っこした時は、ほとんどのお母さんが涙を流すそうです。
ちなみに母性のホルモンは授乳することで出るので
科学的に見ても出産の痛みとは関係ないみたいです。



印象深かったのは
赤ちゃんを押し出すのは母親ではなく子宮
という言葉。
子宮が収縮することで赤ちゃんを外に押し出すんだって。
分娩中、赤ちゃんが勝手に押し出されるカンジがわかるらしい。
出産にかかる時間は初産婦で平均6時間。
12時間以上かかる人は、まずいない。
分娩中の赤ちゃんの心拍は常に安定していて
お母さんにも赤ちゃんにも優しいというのが魅力です。


私は体力に自信がなかったので、
妊娠前から出産をするなら絶対に無痛分娩!!と決めていました。
ちょっと遠いけど、この医院で出産をしようと決めたのは

いちご2無痛分娩ができること(ほとんどの出産は無痛分娩)
いちご2早産の事故は今まで一度もない
いちご2分娩中ずっと先生がつきっきり
いちご2エコーが4D。しかも妊婦検診の度にかなり時間をかけて見せてくれる

ということです。
私は知らなかったのですが、普通の病院では分娩中に
先生が登場するのは最後のとり上げる時だけなんですってね。
早産もかなりの確立で防ぐことができるらしいし。


出産の日は前もってわかるので(見たらわかるんだって!へ~っ!てカンジです)
出産前日に入院する為、夜中に緊急入院して無痛分娩ができないなんてことは
ほとんどないみたいです。
もし入院前に陣痛が始まってしまっても
陣痛の間隔が30分おきくらいの、痛みが軽いうちに入院するんだって。
ちなみに私は予定日の5日前から入院で分娩予約をとりました。
これでちょっとは安心かな~。


なんといっても
出産に対する恐怖心があまりない、って事が良いです。
出産後のことは不安だらけですがね・・・。
性別がわかりました! 
 
今日から21w。
妊婦検診でした。


昨日は私の誕生日だったので
今日性別がわかったら最高の誕生日プレゼントだな~
なんて思っておりましたが
今日!!
性別が判明しました!


私の行ってる医院では
22wにならないと性別は教えてくれないそうなのですが
でもでもわかっちゃいました。
ついてました。
リッパなのが。
これは間違いなく男の子!!


今年はベビーラッシュなのか
周りで今年妊娠した人がかなり多いのですが
みんな女の子ばっかりなんですよね~。
普通は男の子の方が多く生まれるみたいですが。
ダンナちゃんは男の子が良かったそうなので
すごく喜んでました。


私はなんとなく男の子のような気がしてたんですけどね~heart
さっそく義母にメールで報告。

「自分の息子の時より嬉しい」
と本当に喜んでくれましたほっ


帰りに、私の誕生日のお祝いに
ホテルグランヴィアでランチを食べてきました。
無農薬野菜のバーニャカウダおいしかった!!


トイレ近し! 
 
最近。
トイレがやたら近くなりました。
夜中に必ずトイレで目が覚めます。


きっと子宮が大きくなってきた証拠ですね。
いいことだ!
お腹の君はスクスク成長してるようです。


君は元気いっぱいで、膀胱へのアタックも頻繁です。
こりゃ、頻繁にトイレに行っておかないと大変なことになりそう・・・。



昨日は、初めてダンナちゃんが胎動を感じることができました。
元気に動いていても、ダンナちゃんが私のお腹に手をあてると
何故かお腹の君は静かになるんだよな~。
昨日は小さいながらも「ぽこぽこ」と感じることができたようです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。